突然テレビが映らなくなったときに考えられる原因とは?

テレビが急におかしくなったとき、どんなアクションを起こすでしょうか?

画面にエラーメッセージや、モザイクが出るなど、映像が映らなくなったら焦ってしまう人は多いでしょう。

しかし、何も考えずに修理に出して原因がアンテナ線抜けだったりすると修理費用がもったいないので、必要最低限の知識は持っておきたいものです。

テレビの故障の原因は大きく分けると、「テレビ本体」「アンテナ」「ブースター・分配器」の3パターンが考えられます。

ここでは、「突然テレビが映らなくなったときに考えられること」について解説いたします。

 

 

【ありがちなのはテレビの故障】

 

テレビを見ていて急に画面が真っ黒になった場合はテレビの故障が疑われます。

長年使っていたテレビだけでなく、買ったばかりの新品であってもテレビが突然故障する可能性はゼロではありません。

電波のトラブルでテレビが映らなくなることもよくありますので、テレビ本体の故障と見分けがつかないと考える人もいるでしょう。

原因の切り分けの方法はさまざまですが、一番簡単なのはトラブル発生時のテレビ画面を見ることです。

電波が原因のケースでは放送が受信できない旨のメッセージとエラーコードが画面に表示されます。

それらが表示されず、ただ液晶画面が真っ暗になっていれるのであれば、テレビ本体のバックライトが故障している可能性が高いです。

画面が表示されず音声だけが出力されているときは、ほぼバックライトの故障と考えても良いでしょう。

物によっては無償交換できる場合もありますので、トラブル発生時は制作元に問い合わせをしてみてください。

テレビの型番とバックライトをキーワードに検索すれば該当する情報にたどり着くことができます。

バックライトの故障は数秒だけ発生するような軽微なケースもありますが、放置しておくと症状がひどくなる可能性がありますので、修理は早めに検討したほうが賢明です。

 

【ひょっとしたらアンテナの異常かも】

 

テレビ本体ではなくアンテナに異常があるケースもよくあります。

テレビのリモコンを操作して受信状態をチェックしてみましょう。

受信レベルが低いのであれば原因を探す必要があります。

まず、壁とテレビを接続するコードを軽くゆらしてみてください。

他の機器を経由している場合はそれらもゆすってみます。

ゆらしながら受信レベルを確認した際に、大きく変化するポイントがあればその箇所が接触不良していると想定されます。

接触不良を起こしていると思われるアンテナ線を正常なものと入れ替えてみましょう。

アンテナ線の芯線を折らないように慎重に作業するのが注意点です。

入れ替えで受信レベルが改善されれば、アンテナ線の問題として解決したといえます。

これで戻らないのであればアンテナ線が刺さる箇所を調べてみましょう。

壁側であれば壁内部の機器のトラブルですので、業者を呼ぶことを検討しなくてはなりません。

アンテナ線ではなく、アンテナそのものに問題が発生している可能性もあります。

台風などで強い風が吹けばアンテナが倒れることは十分考えられます。

倒れたとしても破損していなければ元通りに立て直して方向調整すれば問題ありません。

アンテナの方向調整ですが、BSやCSなど衛星放送は相当にシビアですので若干方向が変わってしまうだけでノイズが出たり、映らなくなる場合があります。

受信のずれは1度程度であれば平気ですが、それ以上ずれると視聴不可になります。

受信レベルの表示を確認しながら数値が最大になるところにアンテナの方向を合わせるようにしましょう。

 

【ブースターや分配器が原因の可能性もある】

 

築年数が長い家屋の場合、分配器が屋外に設置されていることがよくあります。

分配器が屋外に設置されていると、雨水などによってサビが発生するリスクが高くなるのです。

長い年月そのまま放置していると、ブースターの電通ラインがショートを起こしテレビが映らなくなるケースもあるでしょう。

屋外に分配器を取り付けるのであれば、コネクターがF型接線に対応している屋外用の分配器を用意するのがセオリーです。

屋外用の分配器には各同軸ケーブルに通せる防水チューブが付属されているので雨が降っても安心でしょう。

アンテナから適切な信号を入力しても映像がまともに出力されない際には、ブースターにトラブルが発生している可能性もあります。

雷などでブレーカーが落ちると、ブースターへの電源が一時的に止まる場合もあるのです。

そのような場合は電源復帰後、ブースターの電源プラグを入れ直してみましょう。

セパレートタイプのブースターは電源部から出力される電源電圧を確認することで問題の切り分けをすることができます。

ブースターの信号出力部に電圧がかかっていなければ、「電源ラインのケーブルがショート」「断線している」などが疑われます。

 

【素人が判断するのは難しいので専門業者に依頼しよう!】

 

テレビの故障は一般の人でも判断できる問題もありますが、そうでないケースも多いです。

接触不良や受信レベルの低下については自分自身で試行錯誤するのも悪くはありませんが、どうにもならないときは専門業者を呼ぶようにしましょう。

分配器やブースターに問題が発生したときはプロに任せた方が無難です。

無理に触ってしまうと症状をより悪化させる可能性もあります。

トラブル発生時に業者を呼ぶ際、保証書が役立つことが多いのでなくさないようにしっかりと保管しておきましょう。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837