はたして自宅は入っているのか?強電界となる地域の調べ方とは

自宅にアンテナを設置する際には、自宅の電界強度を知っておく必要があります。

電界強度によって、設置できるアンテナのタイプも変わってきます。特に注意が必要なのが、弱電界地域です。

場合によっては、せっかくアンテナを設置したのにテレビを見ることができない、なんてことにもなりかねません。

アンテナ選びで失敗しないためにも、電界強度について知っておきましょう。

ここでは電界強度と、それぞれの電界地域に合ったアンテナ選びについて紹介します。

 

 

【強電界とは?】

 

電界強度とは、テレビ電波の強さのことです。

電波の強さによって電界地域は大きく3つに分けられます。

強電界地域、中電界地域、弱電界地域の3地域です。電波の強さは電波送信塔からの距離が重要です。

基本的には送信塔からの距離が近いほど電波は強くなるので、強電界地域とは送信塔に近い地域ということができます。

電波が強ければ、受信能力がそれほど高くないアンテナでも、きれいな画質で地デジ放送を見ることが可能になります。

そのため、強電界地域では比較的小さなアンテナやフラットアンテナ、それに室内アンテナなどでも地デジ放送を受信することができるのです。

一方、弱電界地域では受信できる電波が弱いため、アンテナに高い受信能力が必要とされます。

屋根の上に設置する八木式アンテナのような高い受信能力を持つアンテナでなければ、地デジ放送を視聴できないケースも出てきます。

電界強度の違いによって、必要とされるアンテナは変わるのです。

そのため、アンテナを設置する場合には、最初に自宅がどの電界地域に含まれているのかを知ることが重要となります。

 

【強電界はどうやって調べることができる?】

 

強電界地域の調べ方は、送信塔との距離を調べる以外にもいくつかの方法があります。

1つ目は近隣住宅のアンテナを確認する方法です。

自宅近くの家のアンテナの大きさを確認することで、おおよその電界強度を知ることができます。

大きめのアンテナが多い場合は弱電界地域である可能性が高いでしょう。

反対に、小さめのアンテナや、フラットアンテナが多く設置されている場所は、強電界地域である可能性が高くなります。

2つ目に近くの家電量販店で確認する方法があります。同じエリアで購入する人が多いため、電界強度についての質問は何度もされているでしょう。

ただし、家電量販店の店員はアンテナ設置の専門家ではありません。

正確な情報とは限らないため、あくまで参考程度にとどめておくのがよいでしょう。

自宅の正確な電界強度を知りたい場合は、専門業者に依頼して調査してもらう必要があります。

 

【もしも自宅地域が強電界じゃなかったら?】

 

自宅が強電界地域に含まれる場合、アンテナの受信能力の違いは、あまり大きな問題にはなりません。

アンテナには屋根の上に設置する八木式アンテナ、壁に直接取り付けるフラットアンテナ、室内アンテナなどさまざまです。

強電界地域であれば、基本的にはどのアンテナを設置した場合でも、地デジ放送を見ることができるでしょう。

しかし、強電界地域に含まれない場合、特に弱電界地域の場合には注意が必要です。

弱電界地域では電波が弱いため、受信能力の低いアンテナを利用すると、ノイズが発生したり、きれいに映らなかったりします。

最悪の場合、まったく映らないケースもあるので、慎重にアンテナを選ぶ必要があります。

弱電界地域では、素子数の多いアンテナを選ぶことが基本です。素子数が増えるほど、アンテナの感度がよくなります。

一般的に、強電界地域では素子数が14以下、中電界地域では14〜20、弱電界地域では20〜30、その他の地域では30以上のアンテナが必要です。

屋根の上に設置する八木式アンテナは、受信能力に優れているため、弱電界地域に最適のアンテナとなります。

フラットアンテナはデザイン性に優れるものの、受信能力では八木式アンテナに劣るため、弱電界地域には不向きなタイプとなっています。

 

【地域の電波強度に合ったアンテナを選ぼう】

 

電波の強さは地域によって異なるため、それぞれの地域にあったアンテナを選ぶことが重要です。

強電界地域であれば、比較的自由なアンテナ選びが可能です。

デザイン性の高いフラットアンテナを選ぶのもいいでしょうし、外観に影響を与えない室内アンテナを使用するのもよいでしょう。

中電界地域になると、やや選択肢の幅が狭くなってきます。

室内アンテナではきれいに映らないか、ノイズが発生するケースも出てくるでしょう。

フラットアンテナも場所によっては、利用できないこともありえます。

弱電界地域になると、八木式アンテナを屋根の上に設置しなければ、地デジが視聴できないケースが増えてくるでしょう。

基本的には、電界強度が弱くなるにつれて、素子数の多いアンテナを選ぶことになります。

そうすることで、受信能力を高め、電波の弱さをカバーすることができるのです。

同じ形をしたアンテナでも、素子数が10のものと20のものとでは、対応する地域が異なることを覚えておきましょう。

それぞれのアンテナには素子数が表記されていますので、それを元に自宅の地域にあったアンテナを選ぶことが重要です。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837