知っておきたい!アンテナをサイドベースに付けるメリットとデメリットとは?

地デジ放送を視聴するためには、地デジアンテナが必要になります。

アンテナには屋根の上に設置するタイプの他に、外壁に直接取り付けるタイプもあります。

部屋内部や屋根裏に設置できるアンテナも登場してきました。

しかし、住宅によってはそうしたアンテナが設置できないケースもあります。

そんなときに役に立つのがサイドベースです。

ここでは、サイドベースを使ってアンテナを設置するメリットとデメリットについて紹介します。

 

 

【サイドベースとはどこのこと?】

 

download

サイドベースとは、住宅の外壁やベランダにアンテナを取り付けるための金具のことです。

取り付ける位置によってさまざまな種類が存在します。軒先に吊り下げて設置するタイプ、軒先に合わせて伸縮できるタイプ、外壁に直接取り付けるタイプなどです。

他にも、ベランダの柵に取り付けるタイプや、コンクリートフェンスに取り付けるタイプもあります。

サイドベースは屋根の上にアンテナを設置できない場合の代替策として有効であり、設置場所を選ばないのが特徴です。

 

【サイドベースに取り付けるメリットとは】

 

サイドベースを使用することで、住宅のさまざまな場所にアンテナを設置することが可能になります。

アンテナには主に、屋根の上に取り付けるものと、外壁に直接取り付けるものの2種類があります。

しかし、豪雪地帯では、屋根の上にアンテナを設置するのは、倒壊の危険性や雪の影響を受けることがあり、好ましくありません。

外壁に取り付けるタイプのフラットアンテナは、見た目もよく風雪の影響も受けにくいタイプのアンテナです。

しかし、低い場所に取り付けるため電波の受信障害が起こりやすいというデメリットがあります。

また、住宅によっては屋根の上にも、外壁にも取り付けることができないこともあるでしょう。

そんなときは、サイドベースを使って軒下やベランダに設置することで、問題を解決することができます。

サイドベースには高さを自由に調節できるものもあります。

それを使えば、軒下に設置して屋根よりも高い場所にアンテナを出すことも可能です。

屋根の上に直接設置する場合に比べれば受信能力は劣るものの、雪の影響を避けながら安定してテレビ電波を受信することができます。

アンテナを設置する場所を選ばないのが、サイドベースを利用する最大のメリットといえるでしょう。

数多くの種類の中から、自宅に合うサイドベースを選ぶことで、安全性も受信環境もどちらも確保することができるのです。

 

【サイドベースに取り付けるデメリットには何がある?】

 

サイドベースにアンテナを取り付けるのは、いいことばかりではありません。

最大のデメリットは外から見た場合、非常に目立つという点でしょう。

屋根の上に取り付ける場合と同様かそれ以上にアンテナが目立ってしまうため、住宅の外観を損なう恐れがあります。

住宅の見た目が気になる人は、サイドベースではなく、フラットアンテナを設置するとよいでしょう。

フラットアンテナは薄型で、さまざまなカラーバリエーションが用意されているため、住宅の外壁に調和するタイプのものを選ぶことができます。

ただし、フラットアンテナは低い場所に設置するため、屋根の上に設置するタイプに比べて、受信能力が劣るというデメリットが生じてしまいます。

同様のデメリットは、サイドベースを利用したアンテナ設置の際も起こりがちです。

フラットアンテナに比べると電波を受けやすいものの、屋根の上に直接設置した場合に比べると、どうしても受信能力が劣ってしまいます。

ただし、サイドベースの場合、使用するタイプによっては屋根より高い位置にアンテナを出すことも可能です。

上手に設置することで、受信能力の低下は最小限に抑えることができるでしょう。鳥害も無視できない問題です。

サイドベースを利用して設置するアンテナは、通常屋根の上に設置する八木式アンテナと呼ばれるものです。

魚の骨のような形状をしたこのアンテナには、鳥が止まりやすく、鳥の糞被害が目立ちます。

サイドベースを使ってベランダにアンテナを設置する場合、合わせて鳥害対策を取ることも必要かもしれません。

 

【メリットとデメリット両方を考えて設置場所を選ぼう】

 

サイドベースを使ってアンテナを設置する一番のメリットは、設置場所を選ばないという点です。

これによって、屋根の上や壁に直接アンテナを設置することが難しいような住宅でも、アンテナを設置することが可能になります。

サイドベースには数多くの種類が用意されていますので、住宅環境に合ったものを選ぶことで高い安全性と受信能力を確保することが可能です。

デメリットも存在します。

住宅の外観が気になる人にとって、サイドベースを使ったアンテナ設置は、非常に目立つものであり、外観を損なうものと感じられるでしょう。

鳥の糞被害も対策が迫られる問題です。きちんと対策を講じていなければ、アンテナを設置したベランダが鳥の糞だらけ、ということにもなりかねません。

サイドベースを使ったアンテナ設置は便利なものですが、デメリットも少なからず存在します。

自宅にはどのタイプのアンテナやサイドベースが向いているのか、十分に検討した上で設置するようにしましょう。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837