csアンテナにも種類がある?csアンテナの設置に関して知っておきたいこと

cs放送はチャンネル数が多く、魅力的なコンテンツがたくさんありますので、導入を検討している人も多いことでしょう。

しかし、cs放送を視聴するためには契約をするだけでなく、アンテナを設置する必要があります。

アンテナにはたくさんの種類があるので迷うこともあるのではないでしょうか。

また、アンテナの種類によってはcs放送に対応していないものがあるため、注意が必要です。

csアンテナの設置にあたって失敗しないよう、アンテナや接続するために必要なコネクタについて知っておきましょう。

 

 

【csアンテナはbsアンテナとどう違う?】

 

bs

よく混同されることが多いのですが、bsとcsは根本的に異なります。

bsは「BroadcastSatelite」の略で日本語にすると「衛星放送」です。

それに対してcsとは英語で「CommunicationSatelite」と書き、日本語の意味は「通信衛星」となります。

つまり、bsはテレビ等を放送するために打ち上げられた衛星ですが、csは本来データ通信に利用していた衛星なのです。

そのため過去においてcsを使ってのテレビ放送は制限されており、1989年の放送法改正によってようやく解禁されました。

また、bsとcsは過去において電波を受信できる確度が異なっていた時期もあります。

一般の消費者が両方を視聴するためにはそれぞれの角度に向けて1台ずつアンテナを建てる必要があったのです。

角度が統一されるまでは「bsは東経110度の軌道上」、「csは東経124度から128度までの軌道上」から電波を発信していました。

2002年になって「110度CS放送が開始」されたことによって、一つのアンテナで両方を視聴できるようになったのです。

電波の角度が統一されたため、現在ではcsアンテナとbsアンテナの間に大きな違いはありません。

これからアンテナの購入・設置を検討しているのであれば、1つのアンテナでbsとcsの両方が視聴できるのです。

 

【csアンテナにも種類がある?その選び方・設置方法とは】

 

アンテナには主にテレビの視聴をするために使われる「八木式アンテナ」や、衛星通信など多目的に使われる「QFHアンテナ」などの種類があります。

ただし、気を付けなければいけないのは、地デジのアンテナではbsやcs放送が映らないということです。

bsやcs放送を視聴するためには地デジが映るアンテナとは別に、丸い形をした専用のパラボラアンテナが必要となります。

地デジ用のアンテナでbsやcs放送が映らないのは周波数が関係しています。

アンテナは周波数の違いを認識してふさわしい電波だけを受信しますが、実は地デジとbsやcs放送の周波数は違うのです。

このような理由から地デジとbsやcsは完全に別物であると考えてしまってもよいでしょう。

専用のパラボラアンテナを購入したとしても、その設置場所や角度には注意が必要です。

業者にやってもらえば一番良い角度に調節してくれますが、室内に取り付ける場合には受信レベルが低下することがあります。

特にコンクリート越しではかなり低下しますので、気を付けてください。

 

【cs放送用のコネクタがある?】

 

cs放送を見るためにはアンテナ以外にも準備しなくてはいけないものがあります。

「有料放送用のケーブル」や「B-CASカード」、チューナーが内蔵されていないテレビでは別途「衛星放送用のチューナー」などが必要です。

また、コネクタと呼ばれるケーブルを端子に接続するための栓も必要ですので、忘れないようにしましょう。

コネクタの種類には「F型コネクタ」や「I型コネクタ」などがありますが、前者の方が安いケースが多く、一般的によく使われています。

また、F型コネクタの取り付け方もさまざまで、一般的には「リング式」と呼ばれる、家庭にあるペンチでも取り付け可能な方法が良く使われています。

しかし、設置場所の状況によっては、主に防水式のコネクタに使用される「締め付け式」や専用の圧縮コネクタを使用する「圧縮式」などが使われることもあります。

特にcs専用のコネクタというものは存在しませんので、設置場所に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

【csアンテナの設置で失敗しないために】

 

cs放送を見るために必要な設備はbs放送を視聴するためのものと変わりません。

ただし、地デジを見るための設備とは全く異なるということは覚えておいてください。

また、これからアンテナの設置を検討している人の中には、費用を抑えるために業者に依頼せず自分で行おうとしている人もいるでしょう。

アンテナの設置には特別な工具が必要ないので、業者でなくとも取り付けることができます。

アンテナの角度についてもbsやcs放送を見るためであればそれほど神経質になる必要はなく、1度ぐらいのずれでも問題なく視聴することができます。

ただし、スカパーで販売されているスカパープレミアム・bs・cs110°・4k8kのすべてを1つのアンテナで受信できる「マルチアンテナ」については1度のずれでも視聴できなくなる可能性があるので、注意が必要です。

設置するための費用はかかりますが、業者に依頼した方が失敗せずに取り付けることができるでしょう。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837