クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

津島市地域に関する写真一覧

続きを見る

津島市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 津島市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

    津島市(つしまし)は、愛知県中西部にある市であり、海部津島広域行政圏の中心で、国・県の施設も立地しています。あいち海部農協と海部東農協の本部も置かれています。濃尾平野の西部、名古屋市の西方約16kmに位置し、昭和223月、県下9番目の市として誕生しました。津島神社の門前町として、また交通・経済の要衝である湊町として、近世・中世を通じて繁栄してきました。市内には長い歴史と文化が大切に受け継がれ、600年近く前から続く「尾張津島天王祭」や、国の重要文化財である「堀田家住宅」を始めとする多くの文化財や古い町並みなど、歴史的・文化的遺産に出会うことができます。津島市ではまた、自然も多く残されています。特に、春の桜、初夏の藤・スイレン、秋の紅葉、冬の雪景色など、津島市の四季を象徴する「天王川公園」の季節の移り変わりは、とても美しいものです。これからの津島市は、このような大切な地域資源を十分に活かしながら、「人、モノ、情報」が活発に交流する個性豊かなまちを目指しています。明治以降は紡績業の町として繁栄したが、昭和初期以降に鉄道開通が遅れるなどしたことから交通の便の悪い陸の孤島状態となり、市は徐々にその勢いを失っていきました。戦後は重工業の発展や西三河地方の台頭が起こる中で、重工業を誘致できなかった津島市はほぼ時代の流れに乗り遅れる形となり、ますます県内における地位を低下させていき、周辺市町村との合併も進まず孤立する結果となり2000年代以降は人口も減少傾向にあります。 都市計画の遅れから津島駅周辺の道路は狭く、自動車の東西の行き来が寸断されており、迂回を迫られていて、マンションの乱開発が目立ち、門前町としての風情も失われています。津島市の総人口は62,142人(推計人口、201841日)となっていて、津島市の放送受信契約数は20, 263件で、衛星契約数は、8, 584件となっています。

    新築の場合は、地デジ放送を視聴するためのアンテナを設置しなければなりません。 マンションやアパートなどの物件は、あらかじめアンテナが設置されていることがほとんどであるため、引っ越した日から地デジを視聴することができます。 しかし、新築一戸建ての場合はアンテナ工事を行い、新しくアンテナを設置しなければならないのです。 初めてアンテナ工事をするという人がほとんどだと思いますが、アンテナ工事は、素人が簡単にできるものではありません。 アンテナ工事業者に依頼をして、アンテナを設置してもらうと安心です。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。